土地探しの条件

いい土地を見つけた。というより長い間探してやっと見つけた土地、探した時間が長ければそれだけ判断が鈍ります。本当にそこでいいか考えましょう。

土地の面積

土地はあったが、自分が考えていた建物がその土地で建てられますか?妥協が多いと後で本当に後悔します。理想の土地なんかありませんが、妥協の数は減らしましょう。

地形

ひな壇ですか。崖ではありませんか。地盤はどうですか。大昔はどんな土地でしたか。個々何十年水が出たりしていませんか。

環境

  • 日当たり
  • 風通し
  • 騒音
  • 隣の間取り

★日当たりはどうですか。春夏秋冬の一日の太陽の場所を考えてみてください。日陰部分が多いと外壁にコケが生えます。風通しはどうですか。 これは現在が更地であればあまり分からないかもしれませんが、夏の涼しさにはかなり影響します。隣接する近所の間取りはどうですか。 相手のリビング前にキッチンの換気扇が来たりすると、場合によって苦情がきます。自分の家が出す、音、臭いには気をつけましょう。

★風が良く通る土地か。風は通れば問題ありません。

★音 これはかなり微妙です。大きい音から生活音まで様々です。
・幹線道路が近ければトラックの音や暴走族の音。
・線路が近ければ電車の音や踏切の音。
・飛行機の音。
・風力発電の低周波音。
・エコキュートなどのガス蓄電の音。
・隣の生活音、ピアノやテレビの音。
※ガス蓄電の低周波はかなり問題で、設置している家は平気でも隣接している家に被害が出たり、遮断が困難なため近所を調べる必要があります。

★隣接の家の間取り。たとえば隣家のリビングの前に台所の換気扇を持ってくると、料理の匂いがリビングから入り込むためトラブルの元になります。

利便性

●スーパー 歩いていける場所にスーパーはありますか?最低でも3件ほどあるといいのですが..... スーパーも撤退や倒産があります。先々人口が増えることが見込まれる場所であればスーパーは減りませんが、 人口が減少すればスーパーもなくなります。場合によっては買い物難民になることもあります。(ニュータウンのような新興住宅地でも要のスーパーが撤退したため、日々の買い物のも困り、しょうがなく市が近隣のスーパーまで送迎バスを出している地域もあります。)
●病院 救急車で10分以内に到着する救急病院がある。これはいざという時安心です。
●学校 小学校、中学校が近い。
●コンビニエンスストア コンビには近すぎず遠すぎず。近ければ便利ですが、騒音、治安が悪化します。

 

将来性

  

将来その地域はどのようになっていますか?
●現在ありがちなのが同じ世代の人しかいないため、老人だけの地域になってしまうこと。 世代のミックスがうまくされているところがベターです。特に大型の分譲地は注意が必要です。
●交通の便は、将来人口が減少すると、バス路線などは便数を減らしてくるため便数を減らすこともあるため、良く考えましょう。
●病院。ある程度大きな病院(救急)が近くにあることも重要です。救急車での所要時間も近いに越したことはありません。

▲このページのトップへ